このページの現在地はトップページ の中の > 遠赤外線作用
ここから本文です

遠赤外線作用

遠赤外線とは

遠赤外線の発見

1950〜1970年代、NASA(航空宇宙局)において「宇宙船内における人間の生存条件」の研究が行われました。

真空、無重力、極低温という過酷な条件の宇宙船内で人が生存するために必要なファクターを調べたものです。

この研究において太陽光のうち波長8〜15ミクロン(μm)の赤外線が生物の存在に欠かせないことがわかりました。

この結果それまで赤外線と総称されていた電磁波は近赤外線と遠赤外線の2つに区分されるようになりました。

「遠赤外線」と「育成光線」

太陽の光は虹の様に見える可視光線と目に見えない紫外線や赤外線があります。

赤外線は可視光線の赤色の外側にある目に見えない光線で0.75〜1000ミクロンの波長領域を赤外線と呼び、その中でも4〜1000ミクロンの波長帯を遠赤外線と呼んでいます。

人体には3〜25ミクロン波長が吸収されるといわれ、その中でも4〜14ミクロン波長域の遠赤外線は育成光線と呼ばれ身体の生理活性化に必要不可欠とされています。

電磁波の種類を図解しました。X線、紫外線、可視光線、赤外線、マイクロ波、ラジオ波の波長をグラフにしています。さらに赤外線の種類と波長もグラフにしています

1981年NASAの研究結果として・・・太陽光線の中で人体に最も有効に作用するものは遠赤外線であり、その中でも4〜14ミクロン波長の遠赤外線は人体に最も深遠力があり、人体の分子との共振作用により熱エネルギーを発生させるとの発表がありました。

遠赤外線は電磁波

遠赤外線は電磁波です。

電磁波とは電場と磁場が交互に押し寄せる波です。

太陽はガンマ線から電波に至るまであらゆる波長の電磁波を放射しています。

その中で0.75〜1000マイクロ・メーター(μm)の波長領域が赤外線と呼ばれます。

更にその中で4〜1000μmの波長領域が遠赤外線です。

この波長を温度に換算すると450℃〜−270℃となります。つまり比較的低温の放射体が発する電磁波が遠赤外線なのです。(下表参照)

遠赤外線の加熱作用

遠赤外線は電気極性を持つ分子(水分子など)に運動エネルギーを与えます。

分子に振動エネルギーを与えて運動を活発化させるわけです。

分子はもともと動いています。水素分子の速度は1.8km/秒、まっすぐに走れる距離は1.78×10−5cm、他の分子と衝突する回数は1秒間に100億回といわれます。

遠赤外線エネルギーを得た分子は加速して他の分子と衝突します。そして分子の衝突が熱になるのです。

遠赤外線は熱ではありません。相手の分子に自己発熱をおこさせる電磁波です。(下図)

分子が発熱する様子を図解しました。
 
遠赤外線が体内の有害物質を除去する効果があることを図解しました。

熱との違い

遠赤外線は熱ではありません。

電磁波という一種の電波です。有機物に吸収されやすく、吸収されると熱に変わるのです。

熱の伝わる方法には熱伝導、対流、放射の3種類がありますが、遠赤外線を伝える方法は放射伝達だけです。

熱は物質の表面を暖め、遠赤外線は物質の内部を暖めるという違いがあります。

深部に伝わる遠赤外線

火で魚を焼くと、皮は焦げたのに中身は生焼けということがよくあります。

熱はまず魚の表面を暖め、熱伝導によって徐々に深部に伝わります。このため表面が焦げているのに中身は生という現象が起こるわけです。

ところが電子レンジで魚を焼くと表面と中身がほとんど同時に焼けます。これは電子レンジがマイクロ波という電磁波を使っているからです。

電磁波は対象物に浸透して内部を加熱する性質があるのです。マイクロ波とは波長が異なりますが遠赤外線も電磁波です。

遠赤外線の働き

遠赤外線は放射伝達により深層部の細胞や組織に到達します。

遠赤外線の特徴

深遠力により体内深層部に働きかける

深達力は波長に比例し、近赤外線による電気ストーブなどは皮膚表面だけ暖まるので直ぐに冷えてしまいます。

しかし焚き火にあたると体の芯まで暖かく感じます。

これは灰などが放射した遠赤外線が身体の深層部に浸透して、体内の水分子と共振共鳴作用を起こし、共鳴による振動エネルギーが熱エネルギーを発生させる為です。

放射伝達と共鳴共振作用

人体は約60兆個の細胞で構成されており、相互に1分間に約2000回の振動を起こし、体温を保っています。また人体の65〜70%が水分です。

伝導による熱は皮膚下2mm、放射による熱は皮膚下40mmへ達します。

遠赤外線の波動数は人体を構成している分子と殆んど同じ波動数の為、強い共振共鳴作用が起ります。

体温が1℃下がると免疫力は約35%、基礎代謝は約10%、体内酸素は約50%低下し、機能や新陳代謝が弱ります。

多目的分野で利用されている

遠赤外線治療、食品加熱、遠赤外線暖房、遠赤外線サウナ、種子の発芽促進、遠赤外線健康グッズなど医療・農業・工業など多くの分野で利用されています。

本文はここまでです メインメニューに戻る ページの先頭に戻る